QOL

現在医療現場では、「QOL」生活の質(クオリティQuality オブOf ライフLife)の改善を考えることが重要な課題となっています。抗がん剤の使用は副作用をともないます。がん細胞をおさえることができたとしても、副作用で苦しむ期間が長く苦痛を与えてしまうのであれば、患者さんにとって必ずしもよいことであるとは考えられません。

QOL(つづき)

抗がん剤はその効果と副作用のバランスを考えながら使うことが非常に重要になってきますが、抗がん剤治療においてはとりわけQOLを改善する工夫が求められています。

抗がん剤治療のQOLの改善のひとつに、多剤併用療法があります。副作用をおさえることやより効果を高めるために、複数の抗がん剤を組み合わせて用いるものです。

また選定された抗がん剤を投与することでどういう効果が見込まれ、そして具体的な副作用の内容やその対処方法などの説明も行われています。

現在は多剤併用療法が主流となっていますが、抗がん剤はがんの完治を目的とするほかに、手術前に投与してがん細胞を収縮させて切除しやすくする目的で用いられたり、手術後の転移や再発の予防のために用いたりなど、目的に応じて用いられます。

重要なことは、患者さん自身が十分に理解して納得した上で抗がん剤の治療を受けるということです。

不安や疑問をかかえての治療は、QOLの改善と相容れるものではありません。十分に説明を受けると同時に不明な点などがあればどんなことでも担当医に聞いてみることです。


Copyright 抗がん剤のことがよくわかる All rights reserved.

privacy

ダイエット方法