抗がん剤の治療形態

抗がん剤の治療形態としては、まず集学的治療があげられます。抗がん剤のほかに放射線療法や外科手術などのがん療法を併用する治療ですが、多くのがん治療でまずは集学的治療が検討されます。

抗がん剤の治療形態(つづき)

多剤併用療法 はいくつもの抗がん剤を同時に患者に投与する治療法であり、通常抗がん剤は異なる種類の薬剤と副作用対策の薬剤が選択されます。

1つの薬剤だけの場合はがんが耐性化を得る可能性が大きいですが、この場合ですと小さくなるのが利点といえます。

また手術後の補助化学療法としても抗がん剤は用いられ、外科手術などによりがんが取り除かれた後に一定期間行われるもので、がんが存在しないと確認された場合に使用されます。

主に再発のリスクを軽減することが目的となりますが、この療法は体の他の組織に転移したがん細胞を殺すのにも有効とされています。

また、乳がんなどでは手術の前に抗がん剤を投与する術前化学療法も行われています。乳がんの場合、しこりが3cm以上の場合は温存手術が適用できませんし、局所進行乳がんの場合は、乳房切除手術を行わないこともあります。

術前化学療法はこのような場合、手術前に抗がん剤による治療を行い、がん細胞を縮小させた後、乳房切除手術や乳房温存手術を実施する治療です。

同時に、全身に散らばっている可能性のある目に見えない微少ながん細胞を攻撃し、死滅させることも目的としています。


Copyright 抗がん剤のことがよくわかる All rights reserved.

privacy

ダイエット方法